シアワセのかけらを探して

メンヘラマンのこと。38_614

まわりと自分

 

こんばんは。お久しぶりです。

皆さまいかがお過ごしですか?

 

ODして救急搬送されて今の主治医に出会ってこの先生は私ときちんと向き合ってくれると感じて「主治医の元に通う」と決めて、約半年が経った、たくさん話もしたし、がっかりさせてしまうようなこともしてるのに、優しくしてくれて、本来ならば信じていいのに、どうしてもどこかで嫌われてるんじゃないか、嫌がられてるんじゃないかと思う気持ちが消えない。

…というようなことをね、1週間前の診察で話をして、今日の診察で「ここにくることストレスになってない?」って核心を突かれてしまったのでなんともいえない気持ちでいます。

嫌われてるとか、迷惑なんじゃないかとか、そんなの相手の態度をみてればわかることではないかと思う。私はその相手の優しさを踏みにじるような、突き放すようなことばかりしているのに、主治医もまわりにいる数人の友達も、家族たちも私を見捨てることなく優しく話を聞いてくれる、褒めてくれる、接してくれる。ありがたいし、感謝すべきことなのに、どこか信じることができないからなんだか悲しいなあ、と思うわけです。

 

今日の診察で、「他人は自分が思ってるほど私のことを気にしてないかもしれないと思った、意外とサラッとしていた。でもまだ怖さも30くらいはあるよ」と言ったら、主治医は「怖さはゼロにすることはきっとできないと思うよ」と。

きっと私が「どこかで嫌われてるんじゃないか」と信じれない怖い気持ちもゼロにすることなんてできないんだと思う、それでもその怖さから派生して腕を切ったり、薬をたくさん飲んだりしてしまうのはやっぱりこれから生きていくとしたら少しズレているのかもしれないと思う。

私の疾患はそういう考え方の偏りからくるものでそれをほぐすために、そのズレを少しずつ変えていくために主治医の元に通ってる、嫌いな自分にならないためにも、通ってる。そのことを忘れちゃいけないと思うし、私がよくなりたいと思わなきゃ何も変わっていかないと思う。

 

でもね、少しずつだけど自分の思ってることをまわりに話せるようになってることをよくなってると、今日主治医に褒めていただいので少しずつではあるけれどよくなっているのかな、と。

まだまだ波はあるだろうけど復学まであと少し、頑張っていきたいです。

 

 

 

おわり。分かりにくい文章読んでいただいてありがとうございました。