シアワセのかけらを探して

メンヘラマンのこと。38_614

一生懸命は大変だ

 

「好きなことを一生懸命続けていくことはとても勇気がいることです」って言われた高校の卒業式を思い出してたりしている。こんばんは。

 

 

今日はたまたま、専門学校の同級生に会っていろいろ話をしたんだけど、どうもやっぱりやっていける自信がない、ホントのところ。

これを見れてるリアルな方たちは休学までしといて何言ってんだ、てかおまえそこまでひどくないだろできるだろ、って思ってると思います、ごめんなさい。

 

もうほんとに弱肉強食。毎日毎日闘いなんだろうな、と思う。そんなことはどこでもそうなんだろうけどさあ。できなかったら切り捨てられたく、頑張る力がなくなれば、できなくなれば、いらなくなる。今のわたしの考えだと、「あれもできてない、これもできてない、全部できてない、もう、全然ダメだ」ってなってしまう。そうじゃなくて「あれはできてないけど、これは半分でもできたよね、うん、また頑張ろう」ってなればいいんだけれど。というか落ち着いてればできるんだけど、やっぱりいっぱいいっぱいになってしまう。学生向いてないのかなあ、なんて考えてしまう。

お金ことはほぼ無関心で自分でやってね、みたいなノリのくせして、休学する、もう一度1年生からやり直す、と言ったときには、お金がかかるから学校なんてやめればいい、やりたいならバイトでもして稼いでからもういっかい入りなおせばいい、と言っていた親にも腹が立つ。

この歳になってお金とか、親とかでグチグチ言うのは恥ずかしいような気もするけれど、わたしの将来よりも何よりもすべてはお金なのかよ、と思う、けっきょくのところ、口ではいくらでも「応援してる」なーんて言ってるけど、どうせわたしよりも正統派で何も問題なく進んできた兄を大事にしてわたしのことはどうでもいいんだろうなあ、って思ってるよ。

 

最後に決めるのはわたしで、わたしがやりたいことをやればいいのよね、と思う、そう思うけれど、自分に自信がなくて、やりたいことや、どう生きたいかがわからなくなるときがたくさんたくさんある。みんなそうなのかなあ、って、それを思いながら毎日毎日みんなは前を向いて進んでるからすごいなあ、と思います。

 

「けっきょくのところ君はさ〜どうしたいの?」(あいみょん「愛を伝えたいだとか」より)

 

そうですね…好きなことを好きなだけやって死にたいです、それができないならサッサと死にたい限りです…。

 

 

 

 

 

おわり。