読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シアワセのかけらを探して

キラキラ光るもの、暗くて見れないもの、全部カケラになるように。

見失う、全部見失う


こんばんは〜

2泊3日の研修合宿に行ってきました

「自分は自分」のはずだけど、まわりにどうしても影響されてしまう。どうしても勝ちたい、私が1番だと思っていたくなってしまう。
自分は自分のはずで、だからこそ好きなことをやろう、と思って入った専門学校なはずなのにもうなんでやってるんだろう、私大丈夫かなあ、と不安になってしまっている
ある夜に同じ部屋の子たちが「○○(楽器名)が大好きで諦めきれなくて、1回絶望したことあって、でもやめなくてよかった〜!」みたいなことを言っていて、あぁ、なんか羨ましいなあ、と思うと同時になんで私はできないんだろう、とショックを受けてひがんでしまった
私とは違うことをやってる、私ができないことをやっている、と比べてしまった
比べるのはきっと悪くない、だけどその比べることによって「自分らしさ」がなくなることが1番怖い
それが怖くて左右されてる自分が嫌で泣きながら夜を過ごしました
誰も自分が知らないところで生活する、ということは楽でもあるし誰にも話ができなくてなんにも吐き出せなくてつらいなあ、ということを思いました
 
終わってからフラ〜っとしながら書いたので変な文章だったかもしれません

では。