読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シアワセのかけらを探して

キラキラ光るもの、暗くて見れないもの、全部カケラになるように。

受け入れて、前に進みたい



お久しぶりでございます。
この何日間か書き始めては消して、書き始めては消しての繰り返しで書けずにおりました。
そのときの文章はそのときしか書けないからその文章はもう消え去ってしまったということで、悲しい。
だけど今日は思うことがあるので書きます

昨日、ある子がTwitterでDMをくれました。
「切ったり、飲んだりしなくても楽になれる方法をみほちゃんのおかげで知ったんや。」と。
私は正直、今傷つけていること、過去に傷つけたこと、これからも傷つけてしまうであろうこと、全部全部、いらない。こんな過去なんかいらない、嫌いだ。なくなればいい。なんて思っていました、というか、今も思っています。
だけど、こうゆう言葉をもらって、大袈裟かもしれないけど「大丈夫。あなたの傷はきっと何か意味があるんだよ、だから生きていけるよ。」って自分が納得できた気がして、なんとなく、ほんとになんとなくだけれど、ふわっと落ち着くことができました。
ありがとうね。私の傷も私もその言葉をくれた子もほんとにほんとにありがとう。
自己満足、自意識過剰だけど、これでよかったんだよなーと思います。ありがとう。

もうひとつ。
今日、バイト先に小学校の頃、剣道を教わっていた先生が来てくださって、「おお!元気か!」と声をかけてくださいました。
また、中学校のときの養護教諭の方も来てくださって「頑張ってね〜」と。
普段なら元気じゃないよ、もうつらいんだよ。そんなことを思っていたけど、なぜか今日は私が大きくなって元気だということで笑顔になってくれる人がいるんだな、と泣きそうになりました
人は新しいことを取り入れたら古いものは忘れる生き物だと思ってて、だからこそ、私と関わりがなくなったら忘れちゃうものだと思ってたのに、こうやって覚えてて声をかけてくださる、元気か?と心配してくださる。
なんだか純粋に嬉しかったです。

まだまだ傷つけたい、私なんていないほうがいいって思うことはあります、きっとそれはいつまででもつきまといます。
だけど、私にはちゃんとみていてくださる方々もいる。ということを忘れずに少しずつでもいい方向に進んでいけたらいいなあと思います。

f:id:mipo722:20160119224135j:image

私の愛するミラークさん(ホルン♡)とともにパシャり。
私もみんなもミラークさんもお疲れ様。

では。