読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シアワセのかけらを探して

キラキラ光るもの、暗くて見れないもの、全部カケラになるように。

おしらせ

 

お久しぶりです、こんばんは。

 

いろいろありましたが、ここには書かないことにします

どこで、どんな人が、このブログをのぞいているかわからないから

 

twitter、アカウントを新調いたしました

 

@7260_mi

 

よろしければフォローしてください

 

 

このブログはぼちぼち、そのうちまた更新していく予定ではいます、では。

休学します

 

「わたしの責任だ」の束縛にあっているわたしでございます、こんばんは。

 

来年度1年間は休学する、と決めました

 

診断書に書いていただいたのは「うつ状態

(まだ3回程度の診察でわからない部分もあるのに丁寧な説明の上、書いていただきました、ありがたや…)

「心の状態が崩れると自律神経は必ず崩れます。なので、『うつ状態』と書いてショックが大きいようなら、『自律神経失調症』とも書けますけど、ボンヤリしてしまいますがどうしますか?」と相談ののちの「うつ状態」です

 

受け入れたくない、というか、わたしはそんなのではない、と否定的な気持ちばかりが大きくなる

甘えなんじゃないか、朝起きれなかったり夜寝れなかったりいつも否定的な考え方はわたしがダメで怠けてるだけなんじゃないか、学校に行けないのはやりたいことが違うからではないか、と、とにかく考えがグルグル、永遠の無限ループ

以前、友達に「悲しみを無限に増幅してしまう力があるからしんどいんだよ」って言われたことがあるけれど、確かにそうだな、って今つくづく思います

考えなくても生きていけるようなことを考えては自分を責めて勝手にしんどくなって、勝手に死にたくなってる、原因はまわりにはなくて、はっきりした理由もない、だから、「じゃあなんで苦しいの?」って思われることばかり

 

休学を決めたのは今のまま進級しても中途半端に技術を習得することになる(専門学校なので)、やりたいと決めて入学してきた学校でやめたいと思う気持ちも少ない(考えたことはあります)、やりたいことだからこそ、きちんと技術を身につけて就職したいと思ったからです

わたしの今の状況は上にも書いたように、否定的でまわりを気にして集中力も続かない(たぶんこれがうつ)、腕を切って貧血でフラフラ、という感じです

この状況を少しでもよくして心も体も健康な状況できちんと技術を身につけたいし、勉強したいと感じたからです

もちろん、お金もかかるし、勇気も覚悟もいることです

1番はお金で親が本当に色々考えてくれてて、申し訳ないと思うと同時に、わたしがいい子じゃなかったからダメなんだ、こんなに心配かけるくらいなら死んだほうがマシなんじゃないか、とまた考えてしまいます

「今」このときがダメなので1年間やってきましたが、単位と技術習得は合格ラインに達しないと思います、だから、もう一度1年生からやり直しです、ラストチャンスです

考えてもきっと仕方なくて、頑張るしかなくて、いろんなことはなったときにならないとわからなくてそのとき考えればいいんだろうけど、それができないんですよね〜。

 

しんどい状況はきっと続くけれど、最近聞いたフラワーカンパニーズさんの「深夜高速」の歌詞、

 

“10代はいつか終わる、生きていればすぐ終わる

若さはいつも素裸、見苦しいほどひとりぼっち”

 

のように、生きていればすぐ終わるであろう、まだ若い今を楽しめたらいいなあ、と心の奥底では思っています

 

おわり。

 

よくなりそうジュース(果汁3%)

 

f:id:mipo722:20170130171731j:image

 

風が冷たくて、温かいものが恋しくて、1番温かかったものを手にしてみたけど、あけたら吹き出して、駅で1人ビックリしたわたしです、こんにちは〜〜〜

 

人生で3回目のメンタル系の病院へ。(前回まで2回は精神科、今回は心療内科でした)何度行っても初診というのは疲れるし、怖いし、しんどいです、問診票書いてる手の震えがとまらなくて、怖かったわたしです

でも、最終結果的にはいい方向に向かいそうな気がして、とてもいい、という感じです

先生と話をしていてしっくりこなかった過去の2回の通院とは違って、なんだかしっくりくるし、話すのも嫌じゃない、という感覚があります

まぁ、でも1回行ったくらいじゃわからないこともたくさんあるよね、ということだし、薬もでたし、また来週行きます

わたしのどこかが悪いから薬ももらって治療するんだよ、と割り切れたらいいのに、簡単にはいかず、わたしの中でまだわたしが甘いんじゃないか、怠けてるだけなんじゃないか、という思考に支配されそうになります

でも、一歩前進かな、と思うので頑張りたいと思います

 

おわり。

 

貝印さんがよく切れる理由を簡潔に答えなさい

 

f:id:mipo722:20170125160857j:image

 

わたしの最大にして最悪な手放せない物質、カミソリ、切れなくなれば、また新しいのを、と買い足してしまう、これがないと不安になってしまう、ダメなわたしです

ヘモグロビンが5.3しかなかった日から、病院通いと鉄分の薬を続けていますが、本日は自分で見ても周りが見ても、明らかに顔が白い。そんなにえらくはないんだけど、なんでかなあと思っている日です

 

ツイッターにて、問題提起を繰り返している本日です

 

もうここまで書いて、なんだか折れてしまっているので、ここまで、では。

 

 

 

息をしてる

 

水曜日から学校に行けず、6連休なわたしです、こんばんは。今夜は月が見れないから不安な夜です。

 

いつから学校に行けなくなったんだろうな〜って思います、きっかけなんて山ほどあって、でも確かなのは小学校中学校は普通に、いわゆる普通に毎日学校に行けていたということ、高校になってその糸が何かの拍子に切れて、落ちこぼれたということ

もしかしたらきっかけというんではなく、積み重なった日々の嫌なことがたまってしまった、といったほうが正しいのかもしれないね

でも「それがやりたいと思う気持ちがあったから専門学校に進んだんだろ?だったらなんで行けない?その気持ちが足りないだけじゃないのか?ほんとは口だけじゃないのか?」って、まわりがたぶん思っているようにわたしも思っています

なぜできない?なぜ行けない?なんでこのままなの?って自問自答、答えが出ないから、このままなら死んだほうがいい、って答えにたどり着くんですね

首を吊ろうとしたのに、いつもあとちょっとなのにってところでハッとしてしまうんですね、けっきょく死ねない、けっきょく腕切りに走る、意味がない意味がない意味がない、の無限ループ、死んだほうがいいんです、わかってる

 

「ああ、めんどくせえ!」

「働かなくてもおいしいご飯がたべたい!」

高橋優さんのボーリングという歌の歌詞です

とてもわかります、わかってしまっていいのかわからないけど

もう、ほんとに、人生めんどくさいし、生きてることがとてつもなくしんどいし、そんなこといったら生きたくても生きれない人が報われないだろ、とか、そんなことは死にたくても死ねないってもがいてるわたしにとっては綺麗事にしか聞こえないんです、でも、生きたくても生きれない人がいるよってことはわたしにもわかるし、それはそれでしんどいことも、また、0.01%くらいしかわからないけどわかるから、ごめんなさい

 

生きてるだけでいいよーって人生なら苦しいことはないんだろうかって思います、むしろなんで人間は生きるために仕事をしなきゃいけないんだろうって思うし、生きるためになんで負荷をかけるんだろうって、捻くれたことを思っています

何も頑張っていません、何もしてないのに、まだ若いのに、しんどいことばっかりだし、死にたいし、あーあ、人生終わってるなって思います

でも、たぶん、とうぶんは生きるんですね、今生きてるので、息をしてるので、ということは死ぬことへの恐怖があって、死ぬことはきっと簡単ではないから

「生きててよかったんじゃないですか」って親しい人が言ってくれたようにそうやっていう気持ちになれるように死にたい死にたいと思いながら生きようかなと思います

 

おわり

 

 

めぐるめぐるめぐる

 

自分が何でどう生きていけばいいかがわからなくて、どうしたらいいかわからなくて、嫌になって、目に見えない大きな不安の波になって、襲ってきます、とても怖くて、わからないのに、どう転がるかなんて、誰にもわからないのに、わからないから死にたくなります

「死にたい」の原因を探してみてもわたしにはわかりません、わからないというよりか、悪魔のわたしと天使なわたしとが頭の中で喧嘩を起こします

それくらいで死にたいとか言ってんの?バカじゃないの?いつまで甘えてるの?いつまで子供でいるの?という前者と、それは仕方がないよね、わかるよ、今は休もうよ、という後者

けっきょくわたしの中で勝ってしまうのは前者、だから、自分で自分の首を絞めることになってしまうといっても過言ではないのかもしれないな、と思います

死にたい、という言葉、何度も口にすると、またそれなの?って言われそう、軽々しく使っていい言葉ではない、とはわかっています

17歳のカルテのスザンナではないけれど、消えたい、というニュアンスなのかもしれません、というか、久しぶりに17歳のカルテを見たら、なんとなく、死にたいが何か違うなって感じていた心の隙間に、消えたい、という言葉のニュアンスがピッタリはまった感じがしています

きっとこの先、悲しみも苦しみも寂しさも、いろんな感情があって、いろんなことを乗り越えていかなきゃならない、甘えてはいられないんです

それを飲み込める心が欲しいものです、もうそんなことわかってるんだから、黒い部分なんてありありと見せつけられるんだから、受け入れてよ、って割り切れる心がほしいです、だけど、無理だなって思ってしまう心が勝つから、もういないほうがいいから、そもそも自分なんて存在していないことになっていればいいのにってよく思います

独りよがりな勝手な思考です、クズです、甘えてるのに、しがみついてなきゃ生きられない、正真正銘のクズだとわたしはわたしのことを確信しています

だけど生きてしまっているのはやはりこの世に未練があるからか、やはり、生きているからこそくる死ぬことへの恐怖なのか、わたしの心はわたしにすらわからないことだらけです、だから誰かに分かることなど到底無理なのです、だけど、冷たい態度をとられると悲しくて、どうせわかんないよねってなってしまいます、この思考も大嫌いです、本当にダメ人間です

いつか、わたし自身を誇れる日がくるのか、はてさて、そんな日がくる前にわたしは死んでしまうのか、見ものです、それまではわたしを少しだけでいいから見ていてください。

 

おわり。

貧血だった

 

こんばんは。

 

1ヶ月くらい、毎日腕を切り、座っていても吐き気とめまいに襲われ、現在わたしは精神科にはいっていないので、かかりつけ医のところ(実はリストカットのことを知っている先生、わたしが物心ついた頃からずっと通っている)で、もう無理だ、と感じ、伝えたところ、血液検査と鉄分の注射。

結果、ヘモグロビン値5くらいらしい(わたしは泣いて横になってて見てない)です

 

病院が閉まるギリギリに行ったにも関わらず、大泣きしたにも関わらず、あたたかく見守って治療してくださった先生と看護師さんたちに感謝です、、、

これからわたしは1ヶ月くらい毎日病院に通って注射らしいです、がんばります

 

 

おわり。

生きていけますように。

1年、と、自己紹介

 

こんばんは、お久しぶりです

 

なんと、このブログを開設して1年が経ちました〜〜〜〜

今までここまでなんだかんだボチボチ続いたのはなかったので、嬉しいですし、適当にのぞいてくださっている方みえましたら、ありがとうございます。

 

ということで、少しだけ改めて自己紹介を。

 

専門学校にて、専門知識を学んでいます、当たり前だけれど。音楽と楽器が好きです、主にホルン。SEKAI NO OWARIがわたしのJ-popの原点で、そこから現在はSEKAI NO OWARIはもちろん、Little Glee Monster、高橋優、星野源藤原さくらなどが好きです。サカナクション椎名林檎Cocco、ハルカトミユキ、などなど、素敵だなと思う音楽は吸収していくつもりでいます。

小、中学校のときのいろいろの反動から、リストカットを繰り返し、高校生のとき、学校に通えなくなり通信制高校に転入。通院はしておりましたが、先生と相性がなかなか合わず、やめました。が、現在、死にたいの波が消えず、毎日のように血祭りを開催しておりまして、さすがに自分ではどうすることもできない、と感じ、初診待ち。いい先生に巡り会えたらいいなと思っております。

ブログタイトル「シアワセのかけらを探して」はつらいことも、楽しいことも、嬉しいことも、死にたいほどしんどいことも、すべて自分の糧としてかけらとなるように、という意味でつけています

 

こんなとこかな〜

自分を見つけ出せず葛藤中です

あ、Twitterアカウントもあります、ブログのホーム?といったらいいのか?にのせてありますので、よろしければフォローお願いします

では、また

 

おわり。

真っ暗闇の世界で

 

もう自分の中で何が大事でどう生きていけばいいのかがわからない。

きっとこういう気持ちを「しんどい」や「つらい」で片付けてしまうんだけど、だからこそ何も解決しない、わかってるんだけど、向き合えない、いつもいつも腕を切ったり、先の尖っているものでブスブスやったり、そういうことに逃げてしまう、よくない、わかってる

死ぬために生きるなんて、もったいないじゃん、どうせ死ぬんだったら、わたしなんて生きてたって意味ないから死なせてよね、もうそれしか考えれなくなってしまっているわたしの心をどうにかしてください

生きていくってしんどいんですね、どうやって今まで生きてきたのかわからなくなっちゃう、まだ若いのにそんなことって、若いんだからそんなこと考えなくてもって、それは関係ない、もうしんどいから、どうしたらいいのかがわからないから、助けてよね

死にたいっていうなら死ねよって、わかってるからごめんなさい

死にたいはごめんなさい、嘘じゃないのです

でもね、死にたいくらいしんどい、なのかもしれない、もう明日が来なければこんなに苦しむことなんてないじゃない、ここで終わりにしちゃえば世界なんて続かないんだから、ってそういうことだと思うの、だから、ごめんね、きっと死ねるか死なないかなんてわかんないよ、けど死にたいのはほんとだから許して

 

とはいいつつね、きっとわたしはまた明日を迎えちゃうんだよ

次のわたしにつながって (11/7)

 

暗くなるのが早くなってきて、冬も近付いているんだなと感じつつ、今年がもう2ヶ月切っているという事実と、入学してから半年以上たつのに何も変われていないな、という焦りを感じております、こんばんは。

 

先日は楽器フェアへ出かけ、本日は放課後、お友達とおしゃべりをしておりました

日々、いろんなことが起こって、いろんな気持ちになって、いろんなことを考えさせられます。だからこそ、今はこれでいい、なんて思えないし、毎日毎日成長していかなければならないと思っています。だけど、実際は心ばかりがひとり歩きをしていて、これもやってみたい、あれもやってみたい、これも覚えなきゃいけない、あれも調べたい、と「したい」ばかりが増えていって、なにも変われていないのが事実です。大事なのは気持ちではなく、なにをどれだけ、どこまでやったのか、という事実、気持ちも大事だけど、いくら「やります、やりたいです」といっても事実が伴わなければなにもダメなのです。一気に全部はできないよね、長いスパンで自分を見つめて、頑張っていくしかなさそうです。

今日、放課後おしゃべりをして、とても楽しくて、ああ、こんなのもいいな、なんて思っております。意味はない時間、きっと、今しかできない時間だから、とてもスッキリしました。今の学校にはいって、出会ってくれて、こんなわたしでも仲良くしてくれてありがとう、と心から感謝です。いつか、弱い自分もみせることができたらいいな、強くはありたいけれど、きっとそればっかりじゃ生きていくことは困難だからさ。かまってちゃんかもしれないし、メンヘラなんてめんどくさいだけかもしれないけど、そういう経験をしたからこそ、なにかできることはあるかもしれないから、誰かがつらいときに少しでも力になれたら嬉しいから、もしかしたら、わたしが弱い部分を話すことでなにか変わることがあるのかもしれないから。きれいごとにしか聞こえないんだけど、でも、ほんとにそうやって思ってます。今、感謝できる人たちだからこそ、そう思えます、ほんとに、ありがとうしかないんです。

 

おわり。

痛みはその人の持ち物だから

 

こんばんは。

 

最近ね、学校で泣く子が何人もいる

あぁ、苦しいのは、悲しいのはわたしだけじゃないんだなって実感して、ほうっておけなくて、少しそばにいてあげる

わたしは誰の代わりにもなれなくて、その子の気持ちをすべてわかるわけじゃないから、何もいえないけど、しんどいのがわからないわけじゃないから、そばにいることで少しでも楽になってくれればいいなって小さな小さな願いだったりします

それができるんだったら、自分はすべてよくなったの?って、そうではなくて、死にたくなって吐き気がしてそのまま倒れそうになりながら帰る日もあれば、腕と首を切るときだって、まだまだあるわけです

でも、だからこそ苦しいときの気持ちは自分じゃない誰かであろうと痛いほどわかるし、自分もしんどくなってしまう

いいことなのか、悪いことなのかは、さっぱりわかりません

だけど、こうなったからこそ、そういう小さなことだけど支えることはできるわけで、そういう意味ではいいのかな、と

だけど、やっぱり死にたくなるんです

死にたいと死にたくないの葛藤が電車のホームで毎日毎日放課後にわたしの中で行われるのです

誰かを支える前に、自分自身をどうにかしなきゃいけないのかなあ、とおもいつつ、でも、今は日常をそれなりに細々おくれてるからいいのかな、ともおもいつつ、すごしております

 

いい意味で適当に生きていきたいです

 

おわり。

アルバムにしまおう

 

f:id:mipo722:20161019183142j:image

 

こんばんは、お久しぶりです。

 

本日は学校の行事で体を動かす日でした

いろんなスポーツを楽しむ日でした

純粋に楽しかったです

 

もちろん、いろいろ思うこともありました

先生たちが少しばかり、特定を人をけなしているような悪口のようなものを言っているのを聞いてしまったり、「飽きた」という言葉を聞いてしまったり、吐き気がするくらい、嫌になる瞬間もありました

だけど、それ以上に、円陣を組んだとき、競技で勝てたとき、まわりがあなたも仲間なんだよ、と認めてくれているような気がして、泣きそうになりました、涙が溢れそうになりました、どうしようもなく心がいっぱいになって、死ななくてよかった、今という瞬間を生きていることができてよかった、と心から思いました

もしかしたらね、というか、いつでも、なんだけど、こんな気持ちは今だけであって、明日には、数時間後には真逆のことを言っている可能性だってあるわけです

だけど、いつも言っているように、そのときそのとき、今思えた気持ちを大事にしたいと思うのです、そのときの気持ちは一瞬だからこそ、大事だと思うのです

 

全部が回復したわけではないのです、だからいろんな気持ちのミックスジュース、だけど、ひとつひとつ整理して、自分の中でひとつひとつ区切りをつけて、アルバムにしまっていけたらな、と思います

 

おわり。

決意

 

f:id:mipo722:20161007180353j:image

 

「好きなら追求しなさいよ」と先生に言われた言葉が重くのしかかる本日です

 

「頑張りますって言うのは誰にでもできるよね」ってニコニコして返されました、とてつもなく悔しかった!!!!!

先生が言いたいのは、危機感を持ちなさい、今のままじゃこの世界では生きていけないよ、ほんとにやりたいなら真正面からぶつかって真剣に考えて、知識を蓄えなさい、そういうことだと思う

「つもり」は許されないのです、どれだけ「頑張りました」「これがわたしの精一杯です」って主張したって、結果が伴わなければ意味がない世界なのです、それを実現するためには知識や能力や考える思考回路が必要なんです

甘くみているわけじゃない、むしろ今のままじゃダメだって思ってる、切り替えが下手くそなんです、ひとつのことを考え出したらとまらなくなってグルグルしてスパイラルになっていく、そのスパイラルをやめられる方法を探さなくてはならないのです

4月入って専門学校に入学して、もう半年がたってしまった。半年もたってしまった。時間はみんな平等に与えられてて、それをどう使うかだけが人それぞれ変わってきて、その使い方によって何年後かの姿は確実にかわってくる

半年でわたしは何もできていないのです、何も成長できていないのです、でも、今は無駄だとは思いません、半年たって成長できてないなって考えさせてくれる半年だったから、ここで気付けてよかったのです、この半年はわたしが音楽を好きでいて覚悟を決める期間だったのかもしれないとも思ったりします

後期がはじまる前、「後期は皆勤します」とクラスの前で言った

「どうせ口だけだね」って思われたくない、わたしにだってプライドはあります

頑張りすぎて、考えすぎてしまうのはよくない、それは確実に崩壊を招くけど、ゆるゆるとふわっと、肩の力を抜いていけたらなあ、と思います

 

おわり。

ちょくせん

 

f:id:mipo722:20161001193942j:image

 

1年ぶりくらいに前髪を自分で切りまして、ぱっつんになりました、こんばんは。

 

自撮りをして、加工をして、こんなところにあげれるくらいに心が安定していたりします。

 

わたしは星野源SEKAI NO OWARIが好きなので、とある雑誌を2冊かって読み進めています

わたしが音楽を好きなのは、楽器をやっているからということはもちろん、アーティストさんが好きだということもあります

では、アーティストさんはどうして音楽を続けているのかなって考えたら、お金のためとか、自分たちの仕事だから、というのもあるかもしれませんが、もちろん、アーティストさんたちも音楽が好き、ということと、楽器があるからこそなんだな、と思い、それがわたしたちの手元に届くためにレコード会社があるわけで、よく考えてみたら、アーティストさんは楽器がなければ演奏はできないんだな、と感じました

できるかもしれないけど、もしこの世界に楽器というものがなければ音楽も存在していないかもしれない

そう考えたら、わたしは音楽に携わって生きていたい、と改めて思いました

音楽の力は無限大だと、わたしは思うのです

それは、でも、アーティストさんがいるからこそのことで、わたしやわたしの経験だけでは、絶対にありえないのです

音楽ですべてを変えて、すべてを救っていくことなんて、無理かもしれない、だけど、わたしらいろんなアーティストさんから、いろんなことを考えさせられて、いろんな気持ちにさせてもらいました、わたしもそういったまわりをいろんな気持ちにさせることができる音楽を支える1人として生きていきたい、そう思いました

 

いつも言っていますが、こうやって思える気持ちは今だけかもしれません、だけど、今しか思えない気持ちかもしれないのです、だからこそ、この気持ちを大事にしたいです

 

おわり。

100%虚しさジュース

 

f:id:mipo722:20160925164622j:image

 

かぜが長引いていて、1週間バイトにでていないくせに、こういうときこそ無駄なことをやりたくなってしまって部屋に掃除機をかけたらえらくなってしまったわたしです、こんにちは。

 

「前を向く」「頑張る」という人間としてやらなければいけないであろう考え方や気力が圧倒的にないと感じる最近です

考えに考えは膨らんで大きくなっていくくせに、それは前に進行するほうではなく、後ろむきに、不安に、不安から恐怖に変わっていってしまうのです

きっと同じクラスのあの子だって、バイト先のあの人だって、どこか知らないところで汗を流して運動してる子だって、みんな同じで将来に不安なんていくらでもあるんだって、そうやって思う、だけどみんな今を一生懸命生きてるだけ、きっとそう、だけど、きっとわたしは一生懸命生きてないの、しらないあいだに時が過ぎてしまっているだけのただの時間泥棒だと、自分で自分のことを思ってしまうから、わたしはいらない人間なんだと思うのです

 

こんなこと誰にも需要がなくて意味がなくて、わたしがどれだけ苦しんだってつらくたって、どこかで泣いたって、誰にも伝わらないんだって、こうやってブログをかいたり、Twitterでつぶやいてみたりしてみたって、それははたからみたらはけ口でしかないんだって、ぜんぶ、ぜんぶぜんぶぜーーーーんぶ、ただの自己満足で意味がないんだって、そういうこと、閉塞感しかないんですよ、だから意味がないからわたしはわたしを傷つけるしかないんです、楽しいことや楽しくないことをフタをするしかないんです

虚しくなるような毎日しかこない朝に、とどめをさせるのはわたししかいないの、どんな素敵な人が素敵な言葉をかけてくれたって、プレゼントをくれたって、悲しさなんて、虚しさなんて、なくならないんだから、だったらわたしはわたしでとどめをさすしかないんです

 

おわり。